(スパゲティ・アッラ・プッタネスカ)

スペル:(Spaghetti Alla Puttanesca)
性質:オルタナ
基本特性:全痴・全膿
拡張特性:狂気の悟り
能力:一切不明

『最狂の代替特異点』『殺人パスタ』『やっかいな仲裁役』『割と気のいい奴』『狂った知性』等と呼ばれる存在。
この世界の「向こう側」の世界であるオルタナに属するモノであり、代替特異点の一柱。
司る性質は「創造」と「破壊」、そして「涅槃」。

思考形態が比較的人間と似通っており、唯一コンタクトや意思疎通が可能な個体。
しかしこれは"彼"が「向こう側」の世界における基準から見れば「発狂している」状態にあるが故らしい。

こちらの世界で言うところの、丁度スパゲティによく似た小麦色の細長い無数の触手で覆われた姿で顕現する。
この触手にはミートボールによく似た器官が備わっており、常にジューシーな肉汁のような体液を分泌する様も相まって、
その姿は「巨大かつとても美味しそうなミートボールスパゲティ」と形容される。
唯一異形と呼べる特徴は、そのミートボール状の器官に備わっている一対の眼球である。

"彼"本人の弁によれば、「こちら側」の世界に来たのは(ペスト・ジェノヴェーゼ)(アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ)を追ってきた為らしい。
またその気になれば、オルタナにおける(アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ)の支配をすぐに終わらせることが出来るとも豪語している。

使役するパスタ・スポーンは、生命に関する能力・性質を有するのが特徴。











  • 最終更新:2014-07-06 10:04:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード