芳田 旬那

フリガナ:ヨシダ トキナ
性別:女
職業:パイロット(ときどきメイド)
調和:「ストレンジ・ブルー」(相手の視界に映る色をすべて青色にする)
   「パシング・タイム」(相手の体感速度を上げる)

アームヘッド最適応人類、アームヘディアンのうち最終ロットのひとつ。
クローンの多かったアームヘディアンだったが、
新しいフェイズに移行するための実験として宝生 旬香村井 雪那のDNAをそれぞれ半分ずつにして一つに統合。
実験は何十回と繰り返され、2010年ごろようやく成功し、産まれたのが彼女だった。

しかし、赤ん坊状態の時にリズ連邦共和国協同連合が事実上の崩壊。
そのまま御蓮軍へ売り飛ばされ、そのとき「芳田 旬那」という名前を付けられた。
軍経営の孤児院で育てられたのち、10歳前後で御蓮軍に入隊させられアームヘッドパイロットとして鍛えられる。
軍内でめきめきと頭角を現し戦場での活躍からエースパイロットの名をほしいままにしたが、
15歳の時村井研究所からスカウトされそのまま転職し村井研究所のテストパイロットとなった。

見た目は160センチ後半に長い手足と凹凸のない身体。
髪は黒く、セミロングヘアーを結っていることが多い。瞳はアメジスト色。
顔つきは凛々しく、口元がいつも笑っている。
服装はタイトなものを好む。
読書の時だけ鼈甲の眼鏡をかけるようだ。

明るく、さっぱりとした誰からも好かれる性格で、反面いやだったり苦手なことからはすぐに逃げる。
頭は良く、機転も利く。
負けず嫌い。

2030年ごろ、御蓮警察と村井 雪那の依頼で腰を痛めて一週間の自宅療養となった宝生 旬香の御世話役となる。
その時に出会った菊田 藤吉郎に一目ぼれ。
アタックをしかけるものの最終的に藤吉郎は旬香を選ぶ。

アームヘッド最終反乱後は雪那の誘いでレインディアーズに加入。

レインディアーズ襲撃の際には左目を失い、右のこめかみから眉間、左の顎にまでわたる傷を負う。
それから左目には眼帯をするようになったが、実際のところ人口の眼球によって見えてはいる。
しかし視野やピントの調整が上手くいかず視神経に不必要な負荷をかけるのでたとえば本気の戦闘の際など以外は左目に眼帯をして神経を保護している。


第二次レインディアーズ発足後もレインディアーズに所属する。

  • 最終更新:2014-10-13 12:52:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード