神徒

フリガナ:カノト

各地で時折その存在が確認されている、謎の生体兵器群の総称。
極めて神出鬼没であり、出現ないし撤退する際に地面に溶け込むという奇怪な性質を有する。

複数の種類が確認されており、それぞれが異なる武装や独自の能力を持つ。
アームヘッドと同じようにバイオニクルフレームによって構成されているが、パイロットを必要とせずに動物的な自律行動が可能な点が特徴。
アウェイクニング・バリアーの展開は不可能だが、プロトデルミスを直接操作し還流させることで「アンチアイデンティティ」という独自の斥力場領域を展開できる種類も存在する。

現在まで確認されたものは全体的に銀や灰色を中心とした体色を持つ事が多いが、
時折全く異なるカラーリングの体色を持つ個体が出現することもある。

人間より多少大きい程度の個体、人間の数倍程度の個体、
及びアームヘッド並の大きさを持つ個体は、それぞれ小型・中型・大型と分類される。

各地で一般人やアームヘッドを襲撃する事例が発生しており、生身で遭遇することは非常に危険。
その脅威や特異性、そして有用な戦闘能力から各国も調査を進めているが、詳細は未だに判明していない。


その正体は、忘却された存在の結晶体である思念体「パンスペルミア」の一部となることを恐れた死者の思念が、
未来の特異点であるセリア・オルコットに救援を要請し、彼女の力を借りて転生した姿である。
その為思考自体は人間とほぼ変わりが無く、稀にテレパシーのようなもので言葉を発する事がある。
またその者が生前どのように生きていたかによって転生後の姿が決定する。

アームホーンとパイロットを必要としないその性質から一種のバイオニクルであるという推測がされており、
死亡時は霧散するように消滅するものと死骸を残すものが存在する。

殆どの個体が最終的に"人間に戻りたい"という意思に飲み込まれて暴走する傾向にあるが、
中には強い精神力、もしくは人間への正常な価値観を持って静かに現世に留まり続ける個体も存在している。

新光皇歴から一万年後のネクストエイジでは、殆どが人類復興の歴史を見つめて自己を取り戻しているが、
その数は新光皇期の頃とは比べ物にならないほどに減少しており、その高い戦闘能力も相まって希少生物扱いとなっている。

なおセリア・オルコットが創造した銀と灰色の個体が一般的に認知されているが、 特異点であれば彼女以外にも創造することが可能である。
その場合は創造者によって個体のカラーリングが異なり、
ステタル・ガッポの神徒はブラウン、ユナ・オルコットの神徒は黒が基本色となっている。
またガーデンメイトのように人工的に作り出された神徒も存在し、その場合は特異点やそれに準ずる者、
もしくは神徒に近い性質をもつ者のみが搭乗に適合する(この場合はエマ・チャーチ)。

以下に、現在存在が確認されたタイプを記す。



依型神徒

KANOTO Emblem Clearresize.png
(依形神徒が起動する際に周囲に展開される謎の紋様)

神徒の中でもアームヘッド同様に人間の搭乗を可能とする個体は「依型神徒(ヨリガタカノト)」と呼称される。
この種類に分類される神徒は、むしろ搭乗者なしでは動くことすら出来ない。
その他の呼称は単に「依型」、または「シンクロタイプ」などが存在する。

絶対数が非常に少ない稀有な存在であるが、逆に個体ごとの戦闘能力は非常に高く、
殆どの個体が平均的なアームヘッドの性能をあらゆる面で上回っていることが多い。

またこの種類の神徒とシンクロできる者には、
搭乗時やその能力を開放する際に「リンクナーヴ」と呼ばれる光のラインが頬から目下にかけて展開される。

現在確認されている個体は以下の通り。


  • “未来” -タオルケット : “純粋”+α・タオルが『覚醒』した存在。最強の依型神徒

  • 最終更新:2018-02-07 05:46:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード