御沢峰 疾風

フリガナ:オザワミネ ハヤテ
性別:男
所属:大御蓮帝国、村井研究所、リズ連邦軍
職業:分隊長、スパイ
調和:「イムヌスXIII」(空から真っ白な雷を13発連続で落とす)

村井研究所直属の粛清部隊「オラクルス」において、指揮官である村井 幸太郎の補佐を務める青年。

少し跳ねた黒髪に端正な顔つきをした青年で、「僕」という一人称も相まってどこか幼さを感じさせる。
柔らかな物腰をしており、他人に対しては常に丁寧語を心がけるが、
内面には隠れた狂気と冷徹さを併せ持ち、非常に利己的な本性を持つ人物。

その実はリズ連邦軍側のスパイであり、コピーメシア計画の為に村井研究所の機密データを流出させた黒幕。
神崎 翔に濡れ衣を着せ(これは彼自身の狙いでもあったが)、邪魔者である彼の抹殺を計画した。
また同時にリズからはセイントメシアこと村井 幸太郎の抹殺を任されており、
計画の末に遂に完成したコピーメシア1号機「セイントメシアフォールダウン」に搭乗し彼の抹殺を企むも、
自身の優位性を示すように『遊んだ』傲慢さが命取りとなり、最終的にオリジナルたるセイントメシアに敗北、御蓮正規軍によって逮捕された。

その後はとある刑務所の特別室にて監禁されていたが、尋問の直前に何らかの手段により失踪。
以降の消息は全く掴めておらず、御蓮軍による調査が進められている。


  • 最終更新:2014-09-01 07:42:21

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード