弥生・改

画像を表示
フリガナ:マーチ・カスタム
型番:AMH-003(C)
製造:村井研究所+プラント帝国軍
所属:プラント帝国軍
武装:各自バリエーション武装
パイロット:プラント帝国軍パイロット

村井研究所のマンスナンバー弥生を、プラント帝国軍が現地改修したアームヘッド。
その改造の範疇は広いが、共通して腕先をペンチ型の簡易マニピュレータに換装し、追加武装を可能にしている。
また後期型の弥生を改造したものは5本指マニピュレータが主流となっている。

制作:こぜに

<参考画像>
画像を表示 セイントメシア偽装型(通称ペイントメシア)
“血染の羽毛”の名を利用した、敵への威圧効果や撹乱を狙って造られた。
画像を表示 ペイントメシア(アンナー機)
アームヘッド・トレーナーこと傭兵ゲインの下で修業を積み、
腕部が肉体的に強化された。
画像を表示 パーフェクト・ダーター専用機
片目が高機能カメラに改造されている。
画像を表示 戦闘X(セントクロース)専用・高機動型弥生・改
ブースターを追加増設し自由飛行を可能にした他、背部ユニットにはコルダックブラスター、サモラランチャー等の対バイオ装備も完備している。
画像を表示 弥生・改(警察仕様)
増加するアームヘッド犯罪に対し、大御蓮帝国やプラント帝国が導入した警察仕様のカスタム弥生。電磁警棒やフィジカルアサルトライフル、ライオットランチャーの他、副腕に透過プロトデルミスシールドを装備
画像を表示 レイザーブロウ
各種装備を搭載した礼三郎・サライ・アームストロング専用ヘビーカスタム機。

  • 最終更新:2016-05-10 23:15:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード