ヴァンデミエール

画像を表示
型番:LAM-001
製造:DH重工
所属:リズ連邦軍
パイロット:リズ連邦軍パイロット
武装:ニーブレード、フライトシステム
活躍時期:N.T.N.1980年代~2000

リズ連邦軍が初めて正式採用したアームヘッドであり、マンスナンバーシリーズのひとつ。
初期の機体であるにも拘らず飛行機能を有しており、三次元戦闘を展開できる等そのポテンシャルは非常に高い。

対アームヘッド戦闘を想定した設計がなされており、対人を想定した武装は施されていない。
またリズ連邦がアームヘッドの核となるアームホーン(並びにその原材料であるアームコア)の出力と効果に着目していた為、
初期生産型である二十機の多くには、極めて希少な「Tレベル」に分類される高出力アームコアが搭載されている。

機体名称の由来でもある"Vendémiaire"(葡萄月)の語にちなみ、個別の機体識別にはワインの名称が採用されているほか
(例:ヴァンデミエール7号機「シャルドネ」)、後期量産型は「ヴァンデミエール・ヌーヴォ」と呼ばれ区別されている。

制作:吉田組

  • 最終更新:2014-06-25 16:49:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード