レックスアントヘル

画像を表示
武装:ヘルゲートシザース・パラライズニードル・砂中撹拌機
主な登場:=WONDERFUL END=

セツザ・グウィンガムの一派が開発した砂漠施設防衛用兼砂中調査無人機であり、レックスマシンの一機。

砂漠に存在するセツザらの機密施設、あるいは資料的価値のある古代遺跡などを防衛する為に造られた。
また広大な砂漠を調査するにあたり、複数機体を分担し自動的に行わせる事で効率化する目的でも利用されている。

アームヘッド登場以前に開発されたものであり、主に対戦車を前提としているため対アームヘッドでは防御力に欠ける。
尾部に装備した砂中撹拌機を高速回転させ砂に潜ることで、人工的に流砂を発生させアリジゴクを思わせる形状の砂渦を生み出す。
これにより戦車はもちろん、陸戦型アームヘッドさえも砂に引き込み生き埋めにすることが可能。
大顎・ヘルゲートシザースで標的を捕え、口吻・パラライズニードルによる麻痺毒で完全に動作を封じた後、砂の中で噛み砕きアームコアを回収する。

また撹拌機を逆回転させることにより、スクリューとして砂中を高速移動できる他、地上では砂竜巻を起こす事さえも可能。

弱点として、司令塔となるレックスヒーザーズを失うと相互通信されている周囲詳細情報や細かな指示が無くなり、単純な野生モンスターと化してしまう。

制作:こぜに

<参考画像>
画像を表示 尾部の砂中撹拌機を展開
画像を表示 大顎のヘルゲートシザース
画像を表示 口吻のパラライズニードルと噛み砕く顎、砂中対応型カメラ

  • 最終更新:2016-05-11 00:14:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード