レイザーブロウ

画像を表示
型番:AMH-003(C)
所属:白雪中学校アームヘッド部
武装:ツッパライズパイク、トッコウアームウェア、ヨロシクブースト
パイロット:礼三郎・サライ・アームストロング
調和:「ビッグレッド」(自身の質量を自在に変更する。また限界まで軽量化した拳を光速を超えて繰り出し、時を越えて未来へと打撃を飛ばす)

礼三郎・サライ・アームストロングが操る専用弥生・改
元々は拳部分を鋭利な形状に肥大化させる程度のカスタムを施された機体だったが、
後にティガー・K・テーリッツによって礼三郎の戦闘スタイルを最大限に配慮したヘビーカスタムを重ねられこの姿となった。

元々名機と名高い弥生のカスタム機である為に基本設計は非常に優秀であり、
長年のバイオニクルフレームの有機的成長も相まって非常に高い瞬発力と基礎耐久性を併せ持つ剛健な機体となっている。

両腕部分には新規設計された専用ナックルダスター『ツッパライズパイク』を装備しており、敵機の装甲を数発で完全粉砕する拳打を放つ。
これに調和能力の発動によって“拳打を未来へ飛ばすことで過去から殴る”などの応用を加えることで、単なる近接兵装に留まらない万能武装となる。

機体本体は非常に軽量な学生服状の追加装甲『トッコウアームウェア』で覆われ耐久性が大幅に向上されているほか、
装甲自体に状況に合わせて形状変化する機能が付与されているため、機動性の低下が限界まで抑えられている。
これに加えて、地上~低空での高機動戦を想定した4機の背部バーニア『ヨロシクブースト』の存在により、
敵機を翻弄するままに粉砕する程の高機動近接戦闘を展開することができる。


<参考画像>
画像を表示 主兵装『ツッパライズパイク』
画像を表示 素早くも重い格闘戦を得意とする
画像を表示 バックショット。背部に『ヨロシクブースト』が確認できる




レイザーブロウ・オリジン

画像を表示
型番:AMH-003(C)
製造:村井研究所→礼三郎・サライ・アームストロング、親戚のおじさん
所属:白雪中学校
武装:打撃手甲『ツッパライザー』、徒歩暴走行為用高光量ヘッドライト
パイロット:礼三郎・サライ・アームストロング
調和:未発現

ティガーの手によってヘビーカスタムを受けるよりも以前の礼三郎専用弥生・改。
礼三郎の戦闘スタイルを重視した設計であることは変わらないものの弥生本来の面影が色濃く残っており、特徴的なサブアームウイングなども確認できる。
なおカスタムには礼三郎も参加しているが、実質的には過去にアームヘッド整備工の経験がある親戚の叔父によるものが殆ど。

トッコウアームウェアなどの高技術な装備は搭載されていないものの、名機と名高い弥生の特性はこちらのほうが色濃く、汎用性と整備性で勝る。
主兵装として叔父謹製のプロトデルミス合金製メタルナックル『ツッパライザー』を装備しており、対アームヘッド戦において十分な威力を誇るほか、
腕を防護するように併設された小型実体盾の耐久性は決して低くなく、適切な防御姿勢を取れば棍棒やハンマーなどの重量武装の直撃すら耐えうるほど。

弥生特有のサブアームウイングは横幅が短縮され高高度空中戦闘を度外視した形状となっているが、
代わりに板条に平たく整えた上で追加推進機であるミニバーニアを装備することで、低空での高速移動を重視した設計となっている。
これは近接格闘戦という礼三郎の戦闘スタイルにおいて極めて有用なほか、徒歩暴走行為などにおいても効果を発揮するため、後のヘビーカスタム時においてもほぼ同様のコンセプトのもとに「ヨロシクブースト」が開発されている。

なお胸部には大型のレンズ状の部位があるが、これは叔父謹製の超光量ヘッドライトであり、真っ暗な山道でも問題なく視界を確保できるほどの明るさを齎す。
光量はコクピットから調整できるため、最大出力にすれば敵機のカメラアイを誤作動させるに十分な閃光装置としても使用できるなど使い道が幅広い。
また左右にあるオレンジ色のミニランプはウインカーであり、非暴走行為時には通常の交通規定通りに使用できる。


<参考画像>
画像を表示 主兵装『ツッパライザー』
画像を表示 弥生特有の高い基本性能は健在
画像を表示 胸部各種ライト類


制作:Bukkey


  • 最終更新:2017-09-20 01:54:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード