ニヴォーズ

LAM004.png
型番:LAM-004
製造:DH重工
所属:リズ連邦軍
パイロット:リズ連邦軍テストパイロット
武装:ブレード
活躍時期:N.T.N.1980年代~(詳細不明)

リズ連邦型が開発した試作型アームヘッド。マンスナンバーシリーズのひとつ。
非人間型アームヘッドの始祖とも言える存在。

アームヘッドは基本的に人間を模した二脚歩行型の構造をしたものが多いが、
これはアームホーンによる駆動フレームへのエネルギー供給において、人型が最も効率が優れる構造であることに由来している。
故にこの機体に求められたのは実戦における性能ではなく、「非人間型のアームヘッドにおける出力のテスト」であり、
武装もそのエネルギー供給の根幹となるアームホーンに加えブレードのみと、最低限のものしか搭載されていない。

最終的に出力の乏しさは解決できず、
「アームヘッドは人間に近い二脚構造が最も効率的である」という回帰理論を証明するかたちでその役目を全うした。

制作:ぜろっきい

  • 最終更新:2014-06-23 18:47:52

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード