トンドルの月

トンドルの月(Tondoru)は、ヘブンが持つ十三の衛星の一つ。
一般的によく知られている天体の一つであり、夜間には白く空に輝く。

ヘブンより比重が少ない為に重力が弱く、数千年以内に海が蒸発してなくなることが予測されている。
また長らく知られていなかったが、近年になってヘブンとは別の文化の発展を辿ってきた人類が存在すること、
並びに複数の国家が存在し、かつ現時点でその殆どが既に崩壊していることが判明している。


  • 最終更新:2014-05-25 03:03:40

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード