トラロック

“嘗て在りしは雨の太陽 人を恵みて世を恵み 火の雨恵みて無明への慈悲とせん”

画像を表示
型番:X-CM
武装:腕部複合キャノンユニット「トラロック」、多層装甲「ディバインウォール」、特殊機関「ヌウアルピリ」
調和:「ナウィ・キアウィトル」(腕部キャノンから超高熱量攻性エネルギーを射出する。上空に展開した円陣から光弾を雨のように降り注がせる一掃式、衛星軌道上に一旦エネルギーを保留しチャージ完了後目標地点に対して照射する拠点殲滅式のどちらかを選択して発動する)
パイロット:AI-Type“M”
活躍時期:不明

アイリーン・サニーレタス博士が開発した特殊機体群「SYSTEM-X」に属する機体。ナンバリングは03。
拠点制圧及び掃討戦に重点を置いて設計された重装型であり、大型の四脚構造による非常に高い姿勢安定性能を誇る。

主兵装として腕部と一体化した複合キャノンユニット「トラロック」を搭載し、これによる砲撃戦を主な運用思想とする。
このユニットは大口径エネルギーキャノンを中心とし、その外周に2門のフィジカルガトリング、1門の小型エネルギーライフルを配置した構造を採用しており、
各武装を自由に選択もしくは同時発射することが可能なため、単純な牽制射撃から弾幕展開、掃射射撃や火力集中など幅広い運用を行うことができる。

4基の脚部には重厚な装甲ユニット「ディバインウォール」が装備されており、四方に対する圧倒的な防御性能を実現する。
この装甲は高純度プロトデルミス合金の多層構造による衝撃吸収性と耐久性を併せ持つほか、更表面には光学系攻撃を乱反射させることで威力を減退させるジャマーコーティングが塗布されているため、この装甲を突破するのは生半可な火力では不可能。
また四方に展開している構造上、主砲「トラロック」をそれぞれの隙間から間を縫うようにして発射することで攻防一体を体現した圧倒的な制圧力を発揮する。

胸部中央には特殊機関「ヌウアルピリ」が搭載されており、重厚な機体を動かすための駆動用と主兵装を運用するための砲撃用エネルギーを両者共に十分に供給してなお余裕があるほどの圧倒的なテトラダイ粒子生成効率を誇る。

本機はコクピット機能こそ有しているものの基本的に自律機(ファントム)であり、単体での作戦行動が可能。
機体制御を行うAIには開発者であるアイリーン・サニーレタス博士と親しい間柄であったとされるムスタング・ディオ・白樺の思考をコピーしたものが採用されており、マルチタスクと高速思考を得意とする彼女の特性が非人型機である本機の性能発揮に極めて高い次元で適合している。

また、本機はより小型化されたビスケットハンマーの自律実験機という側面も併せ持つため、周囲のプロトデルミスの吸収と貯蓄が可能。
吸収効率はオリジナルには及ばず直接アームヘッドを行動不能にすることは叶わないものの、大気中のプロトデルミスを「呼吸」することでもエネルギーを得ているアームヘッドに対して酸欠にも似た状況を作り出し、確実にそのパフォーマンスを低下させることが可能。

画像を表示 正面から
画像を表示 複合キャノンユニット『トラロック』
画像を表示 多層装甲『ディバインウォール』は機動時においても駆動し行動を阻害しない
画像を表示 調和『ナウィ・キアウィトル』発動

制作:Bukkey

  • 最終更新:2017-04-08 10:48:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード