デュプレックス

画像を表示
製造:移民ヘブナー&惑星デュプロラ住民
所属:惑星デュプロラ
武装:デュプロトデルミスアーマー、ハンドーガン、ストレイトスォード

移民船によりヘブンから旅立った人類の内、一部の者が行き着いた惑星・デュプロラで開発されたアームヘッド。
そこは有人惑星であったが、ヘブンに比べ何もかもの大きさが倍化した世界であった。
原住民も穏やかで安住の地を得たかに思えたヘブナー達であったが、そこへ別の異星からの侵略が起こりアームヘッドは再び蘇ることとなる。

四角い部位は惑星特産のデュプロトデルミスで、この形状が最小単位であり非常に堅牢であるため、これ以上の加工は困難である。
デュプロトデルミスに有効な攻撃手段は現状同じデュプロトデルミスのみとされており、この装甲こそが最強の盾にして究極の矛となる。

手甲についた大砲からはテトラダイ粒子を倍化したような攻性オクタダイ粒子を放ち、ヘブンで使用したならば絶望的な破壊をもたらす威力であっただろうと推測される(惑星デュプロでは被害も小さくみえる)。
手持ち武器のハンドーガン・ストレイトスォードなどは、まだ未熟とも言える異星人兵器に対しては充分に活躍した。

デュプロトデルミスを持たぬ侵略者に対し難なく勝利を収めたヘブナーとデュプロラ住民。しかしこの機体の誕生こそが新たな闘争の歴史の火種に他ならなかった。

制作:こぜに

<参考画像>
画像を表示 手甲には(自然発生的に)攻性オクタダイ粒子砲を装備
画像を表示 ハンドーガンは着弾時の衝撃力を重視した小型銃
画像を表示 ストレイトスォードも近接戦では手甲に劣ってしまうため補助的な武装
画像を表示 装甲部は発掘されたデュプロトデルミスを加工せずそのまま取り付けている有様である

  • 最終更新:2016-05-14 23:37:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード