デミウルゴス

“楽園は偽神の残骸と共に輝き往きて”

画像を表示
型番:EXC-Α/Ω
武装:時空間定礎証明式展開用演算機アルコーンズ・モノリス(天之逆鉾)、アンチアームヘッド・マテリアライザー、マインドコア・エクジコウドライブ
調和:「カラード」(相手の調和による影響の一切を遮断する)
   「機械仕掛けの壊れた神/アンコール・オブ・ヘブン」(事象覚醒時の調和。天之逆鉾から“惑星ヘヴンで発生した・発生する可能性のあった全ての事象”をコピー出力し、純粋な高次元フリーエネルギー体へと再フォーマットして自在に応用する。最大出力時は天之逆鉾の崩壊と引き換えに“惑星ヘブンそのもののコピー”を演算することが可能だが、その際に演算を代替するのは機体自身であるため行程完了後はほぼ確実に自壊する)
パイロット:アイリーン・サニーレタス / AI-TYPE“X”
活躍時期:観測不能

アイリーン・サニーレタス博士こと、世界の創造者エクジコウが開発した特殊アームヘッド
同人物が推し進めていた「SYSTEM-X」計画の根幹にある機体であり、他の5機の実機体(ハードウェア)はこの機体をベースとして設計されている。

デウス・エクス・マキナ同様にエクジコウの「アームヘッド」としての新たなるボディであり、本質的にはアイリーン自身の同位体とも表現できる存在。
遥かな過去において本来の肉体を失ったことで思念のみの存在となったエクジコウが、自身を「死した存在」と形而上的に認識することで、
「肉体こそ失ったが間違いなく思念として存在しているもの」と「肉体を失った時点で生命体としては矛盾なく“死んでいる”もの」というふたつの矛盾する存在に分霊し、
そのうち後者を便宜上「AI-TYPE“X”」と呼称することでオリジナルである自身とは別の存在として成立させた上で、改めて依型神徒として転生させることで発生した。
なお「AI-TYPE“X”」は概念的コピーもしくはドッペルゲンガーの類であり、エクジコウとしての「オリジナル」は変わらず前者=アイリーンのままである。

このため本質的にはあくまで「過去」の特異点の一人であるエクジコウ自身の神徒であり、
アームホーンテトラダイなどの機能を後付けすることでアームヘッドとしても成立させている、多くの矛盾を孕む存在でもある。

機体各部に設置されている黄透明の結晶体は「アンチアームヘッド・マテリアライザー」と呼ばれ、純粋なテトラダイ粒子の結晶で構成されている。
この「テトラダイの結晶」は、遥かな過去の時代においてエクジコウがアームヘッドを依代とせずに顕現していた頃の肉体(ハードウェア)を再現した遺物であり、
後の世界におけるアームヘッドの起源となった事実から逆説的な証明として、アームヘッドに対するアームキル誘発パルス発振器として機能する。

また胸部に存在する円形の物体は「マインドコア・エクジコウドライブ」と呼ばれる特殊生体機関であり、テトラダイ粒子の完全な制御を実現する。
これにより通常アームヘッドがアウェイクニング・バリアーアームキルとしてしか発揮できないテトラダイ本来の力を最大限に活用することができ、
粒子の還流による斥力場領域の発生のみならず、アームキル発生効果を持つ能動的な流体攻撃手段として用いることができる。
また高濃度に圧縮することでテトラダイの純結晶(エクジコウ本来の肉体の再現)を生成し、文字通り自身の“手足”として自在に操るといった応用も可能。

一方で本来は神徒に分類される存在でもあるためアンチアイデンティティの使用も可能であり、
テトラダイとプロトデルミスの双方の粒子をそれぞれ変幻自在に操ることが出来るという、一種の規格外とも呼べる総合性能を誇る。

本機は専用武装として「アルコーンズ・モノリス」と呼ばれる大型特殊演算装置を携行する。
「天之逆鉾」の別名を持つこの装置は、アイリーンがこれまで蓄積した全ての知識と技術を結集して開発した“時空間定礎証明式展開用演算機”であり、
その内部では“この世界”の存続するためのありとあらゆる可能性が絶え間なく演算・実行され続けている。
また設置されたバルブを回すことで内部式の指向制御が可能であり、適切に回転させて式を収束させて対象に向けることで、一種の現実改変を発生させることも可能。
この性質上、「次に到来する世界」であるオルタナ由来の存在であるが故に“この世界”を容易く侵食するオルタナロードに対して極めて有効な対抗手段となり得る。

またアルコーンズ・モノリスは他のSYSTEM-X系列機に対するセーフティ機能としての役割も有しており、
バルブ制御による適切な開放式の付与により全システムをアンロックすることで、各機体の調和能力を完全開放させることができる。
この開放は“事象覚醒”と呼ばれ、実行には本機を含むSYSTEM-X6機がすべて同じ座標・時代に集結していることが必須条件となるほか、
そもそも事象開放を含むアルコーンズ・モノリスの機能を最大限に活用するためには専用のアクセス権が必要となる。
このアクセス権を保有するのはアイリーン、本機そのもののほかは、アイリーン自身からアクセス権を直接承認された人物のみとなる。

画像を表示 テトラダイ粒子の斥力を応用して重力軽減や浮遊が可能
画像を表示 バックショット
画像を表示 ヘッドアップ。額のセンサークリスタルはオルタナロードの出現を感知することに特化している
画像を表示 アームキル誘発パルス発振器『アンチアームヘッド・マテリアライザー』
画像を表示 生体特殊機関『マインドコア・エクジコウドライブ』
画像を表示 時空間定礎証明式展開用演算機『アルコーンズ・モノリス / 天之逆鉾』
画像を表示 『アルコーンズ・モノリス / 天之逆鉾』内部の膨大な演算式。光の乱反射として窓から確認できる
画像を表示 『アルコーンズ・モノリス / 天之逆鉾』装備状態

制作:Bukkey

  • 最終更新:2017-07-29 19:33:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード