クトネシリカ

画像を表示画像を表示
(左:K-B 右:機体本体)

型番:WO-S03
製造:不明
所属:不明→民間
武装:遠隔機動式人型ジャベリンK-B、テトラダイスナイパーカノン、各種ジャマー
パイロット:不明→収蔵中につき現在なし
ランク:B

大破局以前に建造されたとされる、TYPE-Aに分類される特殊アームヘッド
各種状況における“暗殺”に特化した設計思想が盛り込まれており、一般的な機体とは大きく異なる性質を持つ。

本機は本体と遠隔機動式人型ジャベリン「K-B」からなる、2つの別個ユニットによって構成される。
コクピットを内包する本体は、円筒形状のタレットのような形状をした狙撃特化機体であり、テトラダイスナイパーカノンを搭載する。
これは高濃度のテトラダイ粒子を粒子ビームとして照射し、数km先の敵機を遠距離からアームキルすることができる。
また接近された場合は背部に装備されたバーニアによる三次元機動ができ、本体の小振りさを活かした迎撃を行う。

K-Bは本体からの操作で活動する暗殺用ジャベリンユニットであり、所謂「前線」での敵機撃墜を行う。
同ユニットの脚部及び腕部は巨大な鉤爪となっており、中央には高威力のテトラダイ爆発を起こすテトラボンバーが搭載されている。
また光学・アームコア反応・テトラダイ反応などの各種ジャマーも装備されており、余程警戒しなければ容易に索敵されない特性を有する。
この性質を用いて敵機の頭上まで浮遊し、狙いを定めて降下しその頭部を脚部及び腕部の鉤爪でしっかりと“捕獲”した後、
間髪入れずにテトラボンバーから零距離爆発を発生させることで確実にアームキルを行う。
この時に使用するテトラダイ粒子は、ユニットに別途搭載されているアームコアから供給されるため本体側は効率を考慮する必要がない。
またユニットの外見自体、否が応でも敵の注意を引くよう抽象的な姿に設計されており、一種のダミーとして敵の注意が本体へ向くことを防ぐ効果を持つ。

その性質上、致死的攻撃手段を持つK-Bが暗殺的に前線戦闘兼陽動を行い、
別地点に駐留している本体が遠距離から敵機を狙撃することで大きな成果を発揮する。


制作:Bukkey

画像を表示 WO-S03『クトネシリカ』。

  • 最終更新:2016-09-11 16:38:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード