ガラクタ・ガッポ

じいちゃん.png
性別:男
所属:ガッポ族、ガッポ村
職業:平行世界によって異なる/基本世界・農家
搭乗機体:平行世界によって異なる/基本世界・なし/平行世界1ハイエンドジャンク/平行世界2ボロザンガイン

ガッポ族の老人。妻のユメ・ガッポがいたが数年前に亡くなっている。
孫にアブク・ガッポがいる。
かなり認知症が進んでいるらしく、勘違いや繰り返しが多いため、家族のみならずご近所にも頻繁にお世話になっており、ボケ老人として有名。
『昼食を食べたことを忘れて4回繰り返す』
『鍋と孫を間違えて話しかける』
『深夜に徘徊してラジオ体操をする』
『ありもしない昔話を実体験として語る』等、その奇行は多岐に渡る。
息子夫婦にも半ば諦められているが、孫のアブクだけは彼の『昔話』を総て真実と受け止め、敬意を払って接している。

症状の真相は、多数の平行世界の自分と意識・記憶が同期されていることによる混乱。
記憶力自体は健常なのだが、それを受け止める意識が既にかなり「他の自分」の集合意識に飲まれつつあり、結果として『意識で認識したことを現実のように感じてしまう』状態となっている。
上述の奇行も、状態の違う複数の時空が存在し、それぞれが同期されてしまうことに由来する。
(たとえば4回昼食をとってしまう件などは、昼食を済ませた時空と済ませていない時空が存在し、それぞれが同期するため。)
なぜ平行世界の自身と意識が同期するようになったのかについては不明。

(設定・画像作者:Does)

  • 最終更新:2016-05-12 23:52:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード