カルキ

“其は輪廻す未来を繋ぐため 世に咲き謳う命のため”

画像を表示
型番:XN-0
武装:双剣「アヴァターラ」、特殊機関「ユガ」、脚部テトラナイフ、3連装テトラライフル×3、ジャマーシールド、反重力リアクター
調和:「サティヤ・ユガ」(詳細不明)
パイロット:AI-Type“R”
活躍時期:不明

アイリーン・サニーレタス博士が開発した特殊機体群「SYSTEM-X」に属する機体。ナンバリングは05。
人型の上半身にユニコーン型の胴と脚部を持つ独自の構造が採用されており、高い走破性能と加速性能、フレーム出力を持つ高機動陸戦特化機。

主兵装として一対の万能剣「アヴァターラ」を装備しており、通常は二刀による高速近接戦を展開する。
この武装は中央に高純度プロトデルミス製の刀身が設えられ、その左右からテトラダイ粒子によるエネルギーブレードが展開する構造を持ち、高威力の斬撃とアームキル性能の双方に高い威力を有する。
この特性上、厚い装甲を持つ敵機にはアームキルを、アームキル耐性の高い敵機には純粋な物理攻撃を以って対応することが可能。

また全身が高い馬力と瞬発力を有するが、特に脚部においてはその傾向が顕著であり、
本機の高い蹂躙性能を実現する要として機能するほか、それぞれの踵部には高純度テトラダイの人工結晶から生成されたテトラナイフを装備している。
これにより単純な蹴りだけでも敵機の装甲を貫くほどの威力に加えて、高確率のアームキル発生機能まで付与されている。
また背部には反重力リアクターが搭載されており、ここから発生した斥力を全身に滞留させることで地表を滑るような高速機動を行うことができる。

前脚関節部を保護するスカートアーマーは軽量ながらも高い耐性を備えるが、この下には遠距離からのアームキルを可能とする3連装テトラライフルを装備する。
運用時はスカートアーマーが上部へと展開・変形し、砲口を前方へ向けることで発射体制への移行が完了、テトラダイを含むエネルギー弾を射出する。
またスタビライザーとして機能している尻尾にもこの3連装ユニットが配置されており、背後への牽制及び遠距離アームキルを行える。

両肩に装備された駆動式装甲は防御性能に優れるだけでなく、自機のアームコア反応を隠蔽するジャマー装置としての機能も併せ持つ。
これによって索敵されることを回避しつつ、敵機の死角から強襲を仕掛けるといった暗殺的な運用にも適合する。

胸部中央には頭部アームホーンとは別途にテトラダイ供給を行う特殊機関「ユガ」が搭載されており、
四脚構造という比較的エネルギー消費の激しい本機のスタミナを補って余りある程の出力を実現している。
基本的にこの特殊機関はSYSTEM-X系列機に共通して搭載されており、系列の特徴である強力なフレーム出力と高いアームキル率はこれに由来する。

本機はコクピット機能こそ有しているものの基本的に自律機(ファントム)であり、単体での作戦行動が可能。
機体制御を行う人工知能には「AI-TYPE“R”」と呼ばれる、かつての時代に存在したとある英雄の思考をコピーしたものが採用されており、
生前に一国の指揮官として戦場と駆った彼の騎剣兵としての戦闘技術が、本機の性能発揮に極めて高い次元で適合している。

画像を表示 別角度から
画像を表示 主兵装・万能剣『アヴァターラ』
画像を表示 『アヴァターラ』装備状態
画像を表示 反重力リアクター
画像を表示 バストアップ

制作:Bukkey

  • 最終更新:2017-04-08 11:37:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード