アームキル

アームキル(ARMKILL)とは、アームヘッド戦闘において浸透している攻撃手段及び発生する現象。
アームホーンは主に機体の動力源として搭載されているが、アームヘッドの基本フレーム(バイオニクルフレームと呼ばれる)はその時搭載されているもの以外のホーンに対して拒絶反応を示す性質がある為、
敵機のフレームを自機のホーンで損傷させることで拒絶反応を誘発させ、敵機を自壊させることが出来る。
またこの際、自壊した敵機のアームホーンは機体から分離した後、アームコアに退行する。

この攻撃手段は武装を全て失った状況でも使用できる上、成功すれば敵機を一撃で撃破できる為、
アームヘッド戦闘において最も原始的かつ効率的な戦法として浸透している。
また同時に自機がアームキルされてしまうことを防ぐ為、殆どのアームヘッドはフレームをプロトデルミス製の装甲で覆われているのが常である。

  • 最終更新:2014-12-19 07:55:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード