μT

μT(ミュート)とは、新光皇歴2700年頃に勃発したヘヴンズレイ戦争の時期に集中的に建造されたアームヘッドの一分類名。
本来は戦争後期に突如としてヘブンの各地を襲った「意思を持つ銀色の海」に対抗する為に開発されたもので、
後に様々な状況に対応すべく多くの系列機が建造されたが、根底的な基本設計はアイリーン・サニーレタス天城ヶ原 黎明の両博士が確立した。

前述の「銀色の海」の脅威に対抗するべく、基本的に通常のアームヘッドよりも遙かに高い性能を建造基準として要求されている。
これに伴う潤沢なエネルギー源を確保する為、殆どの機体が胸部部分にリアクターレイと呼ばれるカプセル状の特殊機関を備える。
この超硬度カプセルの内部にはヘヴンズレイと呼ばれる特殊粒子を充填されており、
機体のアームホーンから供給されるテトラダイ粒子と反応させることで、エネルギー出力を数倍以上にまで向上させる機能を持つ。

また機体の根本的なコンセプトの決定にあたり、
アイリーン博士は独自に入手していた過去の時代において戦場を支配し続けた名機群のデータを参考にする事を強く推奨した。
この提案を天城ヶ原博士が受け入れた為、多くの機体がその面影を強く残した外観である点も大きな特徴。

初号機であるμT-HEKATONCHEIRが設計図のみながら完成すると同時に技術が両博士によって外部に公開され、
その性能を見込んだ各勢力が自衛戦力として様々な発展を加えていった事で、数多くの派生機が誕生する事となった。
ヘヴンズレイ戦争及び混乱の終結後から約300年後の時代では殆どが被撃墜または行方不明となっているが、一部は当時のオリジナルが現存しているほか、
設計図のみであればそれよりも多くが保存ないし現存している状況にあり、それぞれの機体の境遇は異なっている。

なお形式番号は"ANX-■-XXXX"で統一されており、

  • ANX:μT該当機、"ANti-X"の略
  • :機体の運用分類、近接型(Assault)、範囲掃討型(Bomber)、防衛型(Guard)、狙撃型(Snype)、空戦特化型(Flight)、水中型(Marine)、対自律機型(Hunter)、特殊分類(EX)の頭文字が入る。EXのみそのまま表記
  • XXXX:機体のロールアウトナンバー

をそれぞれ示している。

<機体一覧>
  • X-0001HEKATONCHEIR:初号機。設計図のみの機体だが何故か新光皇歴2000年代の地層から残骸が発見されるという奇怪な事実が見られる
  • EX-0009DEVIL'SPROOF:後続機開発の為の技術発展や試験兵装の搭載など実験的な側面が強い特殊分類機
  • A-0013SHADOW:少数が量産された軽量型、武装は少ないがフレームの基礎設計は優秀
  • F-0078METALCLAD:超高速近接戦闘に特化した空戦型、電撃と恐るべき速度を主な武装とする
  • F-0098ECLIPSE:空中戦に特化した機動力重視型、バランスの良い性能を持つ万能型
  • S-0146NIMBUS:両肩にエネルギー砲を搭載した狙撃型、精密狙撃形態への簡易変形機能を持つ
  • S-0354METEOR:高威力のスナイパー砲を装備した狙撃型、センサリングに特化した頭部機能を持つ
  • S-0428ROCKSMITH:非常に特殊な機能を用いた遠距離戦を得意とする狙撃機
  • A-0602RONIN:実体剣とエネルギーブレードを装備した近接型、左右の半身でそれぞれ異なる性質を持つ
  • EX-0769NARAKU:既存の機体をパイロットの志望によりμT規格で改修した特殊分類機
  • B-1015FOOTBUSTER:全身に高火力武装を搭載した爆撃型、上半身を自律特攻兵器として分離する機能を持つ
  • A-1033SAMURAI:複数の実体剣を携行した近接型、白兵戦に特化した性能を持つ
  • M-1323AQUANEWT:流体操作能力を持つ水中戦闘型、機体自体を一時的に液状化させての変幻自在な戦闘が可能
  • H-1984NIGHTMARE:強力な出力を誇る触手型フレームを搭載した自律機殲滅型
  • F-1999LINERHEARTS:大型シールドを装備した空戦型、要求出力から300年前には設計図のみで建造されなかった機体
  • A-2099UNDERTAKER:エネルギーランスを装備した近接突撃型、自身の優位な環境に相手を引き込む装備に富む
  • G-2359CENDRILLON:強固な装甲を持つ都市防衛型、他機体のヘヴンズレイを自身に取り込む特殊機能を有する

  • 最終更新:2020-01-20 23:38:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード